ダイアリー

‘レース’ カテゴリーのアーカイブ

GT Rd2富士

 

第2戦富士大会は6位でゴールしポイントを獲得できました。

 

DPP07E10503123101 のコピー

開幕戦ではNSX全車にトラブルが出て僕たち100号車は
序盤でリタイヤを余儀なくされてしまいましたが
今回はトラブルも解消され500kmの長丁場を戦い抜くことができました。

トップとのまだまだ差はありますが確実にレベルアップしている感覚はあります。
早くそれを形にしたいですが、自分たちにチャンスが回ってきた時に
そのチャンスを確実にものにできるように準備していきたいです。

 

 

DPP07E10504161E05 のコピー

このチームで、必ず結果を残したい。

そう思えたレースでした。

 

 

2017 年 5 月 7 日

SF開幕戦は2位

 

スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿ラウンドは2位表彰台でした。

 

DPP07E10417110007 のコピー

勝つことのできなかった悔しさ、トップから離されてしまった悔しさはもちろんありますが
オフシーズンからのテストの流れを見ても開幕戦からこの位置で戦うことができたことは大きな自信になりました。
言葉はありきたりですが、阿部さんとメカニックさん、チームに関わる全てのスタッフさんのおかげです。
ありがとうございました。

それからGTの開幕戦でNSX全車を襲ったトラブルはSFにも出る可能性がありましたが
さくら研究所とM-TECの皆さんが時間のない中で原因を突き止めてくれて、
SFではそのトラブルが出ないように対応してくれたことにも感謝しています。

 

DPP07E10418081736 のコピー

まだまだ戦いは始まったばかり。
残りのレースでも常にトップグループで戦えるように
タイトルのためにチーム一丸となって戦っていきたいと思います。

 

DPP07E104160C3030 のコピー

今回もたくさんの応援ありがとうございました。
次の岡山までの準備、まずは頑張ります。

 

2017 年 4 月 24 日

GT開幕戦

 

GT開幕戦、岡山ラウンドはリタイアという結果に終わりました。

 

004 のコピー

それもホンダ勢全車に同様のトラブルが起きてしまい、
それが原因で我々はレースを戦うことができませんでした。

詳しい原因は今解析中ですが非常に残念な結果となってしまいました。

決勝のマシンは調子が良さそうでしたし、選択したタイヤにも自信がありました。

 

ただただ最後まで走り切りたかった。

 

DPP07E1040A133628 のコピー

言いたいことはたくさんありますが、やはり結果が全ての世界です。

複雑な心境ではありましたが、リタイア後のレースをモニターで観ていて
レクサス勢のあの戦いは見事というか、正直観ていて羨ましかったです。

あれがGTレースだし、あの争いに加わってレースがしたい、ただそれだけです。

 

こんな暗い内容のダイアリーを書くのはやはりなかなか気が進まないし
応援してくれる皆さんにとっても嫌ですよね。

早くいい報告ができるようなそんなレースがしたいです!

その為にもまた次のレースでベストを尽くします。
そしてその日までしっかりと準備をしていきたいと思います!!

 

 

 

2017 年 4 月 11 日

SUPER GT 2017体制発表

 

1DX_3704 のコピー

遅くなりましたが、先日オートサロンにて今シーズンのSUPER GTの体制が発表となりました。

 

 

 

1DX_3597 のコピー

引き続き今シーズンもチームクニミツよりGT500クラスに参戦します。
パートナーも変わらず伊沢選手とタッグを組ませてもらえることとなりました。

と、表面上は何も変わらないように見えますが、
実は今シーズンからメンテナンスがM-TECから昨年までドラゴでメンテナンスをしていた
ATJに変わります。

チームは変わらないのですが、車をメンテするメカニックさんが変わると
なんだかチームを移籍したような感じになります。

どんな時でも常にサポートし続けてくれたM-TEC、
特にメカニックの皆さんには感謝の気持でいっぱいです。

今年はマシンも新車になり、ATJとも初めてタッグを組みますが
そんな新しい刺激が起爆剤となり、これまで信頼を築いてきたチームクニミツと伊沢選手と
そしてHRDSakuraの皆さんとで必ずや結果を残していきたいと思いますので、
今年も応援宜しくお願い致します。

 

 

IMG_3847

3日間オートサロンの様々なイベントやブースに出演させてもらいましたが
ものすごい人でした。

このオートサロンを迎えると「いよいよ今シーズンが始まるな〜」という
気持になります。

会場の熱気はすごかったですが、とはいえ期間中は全国的にも寒さが厳しく
会場内も寒かったですね。
僕はおかげさまで元気にしていますが、
スタッフさんの中には風邪を引かれた方もちらほら。。。

 

これからますます寒さが厳しくなるようですので、
体調管理にはくれぐれもお気を付けてください!

2017 年 1 月 17 日

今シーズン最後のレース

 

今シーズン最後のレース、GT最終戦もてぎ大会が終わりました。


002-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

勝つことだけを目指してサーキットに入ったものの結果、
それには程遠いものとなってしまいました。
ベストを尽くして出来うる限りの事をしましたが、
ライバルに全く歯が立ちませんでした。

特に土曜日はピックアップがひどく難しいレースでした。
その中でも関口選手との争いはお互いクリーンにバトルが出来たと思うし、
熱くなりましたね。走行中は「カチン」と来るところもありましたが。笑
絶対に前には出したくなかったし、意地でした。

 

015-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

前を追いかけるレースが出来なかったのは残念でしたが、
GTレースの面白さを改めて感じた瞬間でした。

 

日曜日もセットアップを大きく変えてレースに臨みましたが、
結果は大きく変わりませんでした。

それでも後半を担当した時のペースは悪くなかったので、
それは気持ち的にすっきりしています。
前半の伊沢選手とは違う種類のタイヤをチョイスしたので
セッティングとタイヤとの相性がマッチしたのかなと思います。

 

001-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

過去ワーストの成績でシーズンを終える事になり
今はただ悔しさと無念さでいっぱいです。

2年間戦ったこのマシンともこれでお別れ。
童夢時代と合わせてNSX CONCEPT GTとで戦った3年間、
様々な経験と思い出を僕に与えてくれました。
3年間で2勝と勝ち星は少なかったですが、
そのNSX CONCEPT GTの2つの勝利を共にできた事は
最高の思い出です。

それぞれのチームとタイヤメーカーの皆さんにも改めて感謝しています。

 

最後に有終の美を飾らせてあげられなくてごめんね。

 

このNSX CONCEPT GTの経験を糧に、
次からの相棒である「NSX-GT」と新たな思い出を作っていきたいと思います。

 

ファンの皆さん、今年も1年間ご声援をいただきありがとうございました。
これからのオフシーズンを頑張って、また来年いい戦いをお見せできるよう精進します!!

 

皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

2016 年 11 月 14 日

SF 最終戦

 

スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿が終わって帰宅しました。

まず、レース2でのクラッシュでリタイアとなってしまいましたが、
体の方は全く問題ありません。
ご心配をおかけした皆さん、すみませんでした。

クラッシュは単独で、完全に自分のミスです。

 

週末を通して良いところなく終わってしまい、
期待してくださったファンの皆さんには本当に申し訳ない気持ちしかありません。
また、チームの皆さんに対しても最後車も壊してしまい、結果も残すことができず
ただただ反省の念しかありません。
得意の鈴鹿だからこそ僕も自信をもって鈴鹿に入ったのに
結果思うように走ることができませんでした。
いつものレース以上に『なぜ?』と疑問が残ることばかりで、
あっという間に時間が過ぎ去ってしまった感じです。

 

レースはいつも良い時ばかりではないのは重々承知していますが、
特に今年は悪い時に立て直す力、そこから這い上がる力がなく終わってしまったことにも
情けなく、自分自身にショックを受けました。
でもそれが今の実力だし、それをしっかりと受け止めなければ
それこそこの先はないなと思っています。

レースの内容が内容だっただけに明るくダイアリーを書くことはできないし、
偽りの気持ちをここに書き記しても逆に前向きにはなれないので・・・すみません。

 

それでもまだ今年が終わったわけではなく、
僕にはGTの最終戦が残っているのでここでくよくよなんかしていられませんね。

開幕戦での勝利以降、なかなかいいレースが出来なかったですが
それでも毎戦応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
レース後も励ましのコメントや、「来年も頑張ってくださいね」の言葉を
たくさんの方にかけてもらいとても心が救われました。

 

 

dpp07e00a1e0b2811-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

自分が自分らしくいられるよう、もっと強くなってまた戻ってきたいと思いますので
これからも変わらぬ応援を宜しくお願いします!!

皆さん、応援ありがとうございました!

 

最後に、国本選手チャンピオンおめでとう!

2016 年 10 月 31 日

GT Rd7 タイ

 

無事に帰国しました。

 

023-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦にトラブルでエンジン交換を早々にせざるを得ず、
そのしわ寄せがどこかで来るのはわかっていたのですが、
それが今回のタイラウンドになってしまいました。

年間3基のエンジンで戦わなければいけないルールなのですが、
今回僕たちは4基目のエンジンを使用した為にペナルティーを受けました。

戦う前からペナルティーを受けてレースに臨まなければいけないことは
正直ドライバーもチームも辛いことではありましたが、
現実を受け入れ現状でのベストを尽くすことに徹しました。

 

 

009-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

結果は周りのトラブルやアクシデントにも助けられましたが、
1ポイント獲得の10位でフィニッシュすることができました。

日曜日の朝までは苦戦してしまいましたが、
決勝は今シーズン1番と言っていいほどマシンのバランスが良く
僕も伊沢選手も全ラップ攻め切ることができたと思います。

特にファステストラップを記録することができたことは
僕にとってもすごく自信になりましたし、
マシンの調子の良さを形にすることができたかなとも思っています。

戦略的にも今回僕がセカンドスティントを担当するなど
これまでとは違った戦略をとるなどして
これからの僕たちの可能性を広げることのできる経験もできたように思えます。

 

残すは最終戦のもてぎの2レースのみとなりました。
とにかく勝って終わりたい。それが出来るよう頑張ります!

今回も応援ありがとうございました!!

 

2016 年 10 月 11 日

SF SUGO

 

チームのみんながしっかりと準備してくれて、
チームのみんなとしっかりと準備してきたつもりでしたが、うまくいきませんでした。

いや、うまく僕が組み立てられなかったです。

 

 

 

003-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

レースはいい時ばかりではなく、悪いこともあります。
むしろ悪い時の方が多いわけで、そんな悪い時にどれだけ頑張れるか、
どれだけ耐えられるか。

今、正直うまくいっていないしそんな時だからこそ
僕がその流れを断ち切り、変えなければいけないのにそれがSUGOで出来なかったです。

 

 

002-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦の鈴鹿での勝利が遠い昔のようで、
あの時のスピードを他のサーキットで見せることができない自分に苛立ちを覚えます。

言葉で何を書こうが言おうがこの世界は結果が一番。
SFは残すところ最終戦の鈴鹿のみとなりました。
鈴鹿で再び巻き返すことができるよう、一生懸命頑張ります。

 

 

 

017-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

結果が残せていない今、笑顔でいることすら抵抗がありますが、
そんな僕でも応援してくれている皆さんには改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

反省するところはしっかりと反省して、鈴鹿では笑顔で終われるように
気持ちを入れ替えて残りのレースを頑張ります!!!

下を向いている時間なんてないですもんね!

 

応援してくれている皆さん、いつもありがとうございます!!

 

2016 年 9 月 28 日

SUPER FORMULA Rd5

 

SF岡山ラウンド、レース1は10位、レース2は6位でした。

 

008-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕前の岡山テストで好調だったセット、これまでのレースで得たデータ、
あらゆるデータを駆使してエンジニアとセットを考えやってきたのですが
うまくいきませんでした。

 

 

017-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦までのスピードが得られず苦戦していますが
原因は必ずあるはずだし立ち止まらないことが大切だと思っています。

 

 

001-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

正直苦しい状況ではありますが
ここが踏ん張りどころだと思うので
諦めず腐らずに残りのレースを戦っていきたいと思います。

岡山も応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
早く期待に応えられるよう頑張ります。

 

2016 年 9 月 13 日

堪えたレース

 

地元ツインリンクもてぎでのレースということでたくさんの方が応援しに来てくれました。

その中で予選はQ3にコマを進められたものの、8番手と失速してしまいました。

 

DPP07E00815131D12 のコピー

このもてぎはとにかく抜きにくいのでスタートにかけていました。
事前の準備やエンジニアさんにも細かな調整と確認を
ギリギリまでしてもらったおかげでこれまでのレース人生で
一番の蹴り出しを見せることができたのですが、
前のマシンを交わそうとステアリングを切った際に
ピットレーンリミッターのボタンに誤って触れてしまい失速してしまいました。

 

 

DPP07E00815123B46 のコピー

すぐに気が付いて解除したのですがせっかくのスタートも台無しとなり、
またここでそのミスを取り返そうと1コーナーに飛び込んで行ったところ
前車との距離が近過ぎてダウンフォースが抜けてしまいコントロールを失ってしまいました。
これでコースオフしてしまいポジションを最後尾にまで落とす結果となってしまいました。

それからはチームからも「諦めないでポイント取るよ」と
無線でゲキを飛ばしてもらいながらとにかく必死に前のマシンを追いかけ
順位を上げることに徹しました。

なかなか追い抜きの厳しいコースだけに戦略で上がるしかないなと思っていましたが
今回も本当にチームに助けてもらいました。
ピットでのミスが目立つ中、無限のクルーは完璧に作業を行ってくれ
レースが落ち着いたタイミングではポイント圏内の8位まで
ポジションを上げることができていました。

 

 

DPP07E00815123447 のコピー

後半は小林選手と1ポイントをかけてポジションを争うレース展開となりましたが、
しっかりと要所要所を押さえてなんとかポイントを獲得することができました。

序盤のミスがなければ・・・と言ったところはあるのですが、それがレースですね。
苦しいレース展開でしたが、その中でもなんとか堪えて戦い抜くことができたレースでした。

ランキングは5位と下げてしまいましたが、トップとは3点差なのでまだ横並びの状態です。
残りのレースはチームも僕も得意なサーキットなので残り3大会で上位に食い込めるよう
さらに頑張っていきたいと思います。

レース後軽い脱水症状になってしまいなかなか動くことができなかったのですが、
今はだいぶ落ち着きました。
ご心配をおかけしてしまい申し訳ないです。

暑い中でしたが、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。

 

 

そして、最後になりましたが先日の結婚発表後たくさんの反響をいただきました。
ダイアリーを始め、公式facebookページにたくさんのコメントや「いいね!」を
してくださった皆様、本当にありがとうございました。

もてぎでもファンの皆さんを始め関係者の皆さんにも祝福のコメントをいただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
その他にもプレゼントやお手紙、横断幕まで。すごく嬉しかったです。

 

 

 

yamamoto_001 のコピー

まだまだタイトル争いに加わっていますし、絶対に諦めません。
皆さんの声援が後押しとなるのでこれからも応援宜しくお願いします!!!

 

 

2016 年 8 月 22 日