ダイアリー

‘レース’ カテゴリーのアーカイブ

チームクニミツからプレゼント

 

SUPER GTと SUPER FORMULAの両カテゴリー共にオートポリスでのレースが中止となってしまい、楽しみにされていた九州地区のファンの皆さんにとっては残念な結果となってしまいましたね。

僕もオートポリスでのレースは毎年楽しみにしていますし、今年も走れることを楽しみにしていたのでとても残念です。

そこで、チームクニミツが九州地区の子供達限定でこんな企画を用意したみたいです!

【九州地区キッズ(小学生以下)限定】プレゼントのお知らせ
http://www.raybrig-ms.jp/news/index.html

 

楽しみにされていたのは子供達だけではないのは重々承知していますが、今回は小学生以下のお子様限定の企画ですので、ご理解頂けると幸いです。

 

詳しい内容は上記のURLへアクセスしていただき、必要事項をお書きの上ご応募ください☆

 

2016 年 6 月 14 日

SF岡山

 

残念ながらSF第二戦岡山大会は悪天候のため中止となってしまいました。

 

SF_okayama_015 のコピー

まず一番にあの雨の中で観戦し、再開を待ってくださったファンの皆さんに感謝申し上げます。

 

 

SF_okayama_010 のコピー

オフに岡山で行われたウインターテストでも調子が良かったですし、鈴鹿の開幕戦でもあれだけのパフォーマンスを見せることができていたので今回それなりに自信はあったのですが、いざ走り出すとその手応えはなくまた、引き戻すことも出来なかったです。

 

 

SF_okayama_014 のコピー

レースは中止となってしまいましたが、上位陣のポイントが大量ではなかったですし、僕も2点を追加することができたので難しい週末でしたが傷口が浅くて済んだように思います。

鈴鹿と岡山で起きたことをしっかりとまとめて、次戦の富士に向けて再び進んでいきたいと思っています。

オートポリス大会の中止もアナウンスされ、こちらも残念です。
今後レース数がどうなるのか検討中とのことですが、タイトルを考えると今後より一大会あたりのポイントの重みが重要になることは間違いなさそうですので、取りこぼしのないようにしながらも勝ち星をさらに上げられるように戦っていきたいです。

 

今回も応援ありがとうございました。

 

2016 年 6 月 3 日

岡山に向けて

 

気が付けば5月初投稿になってしまいましたね。

 

GWに富士で行われたGT第二戦は思うようなレースとはなりませんでした。
結果は残念でしたし、マシンもダメージが大きかったものの何より伊沢選手にケガがなかったことがせめてもの救いでした。

気持ちを切り替えて次戦に挑みたいと思いますのでまた応援宜しくお願いします。

 

そして明日から岡山でSFの第二戦です。
開幕戦を勝利で飾ることは出来ましたが、ここで改めて気を引き締めて岡山戦に臨みたいと思います。

テストの結果からも開幕戦の結果からも今の僕たちは岡山に対して非常にいい状態で臨めることは確かだと思うので、しっかりと自分たちのレースができるようにチームとともに頑張りたいと思います。

 

みなさん応援宜しくお願いします。

 

 

2016 年 5 月 26 日

最高の形で

 

SUPER FORMULA開幕戦鈴鹿、ポールtoウィンを決めることができました!

応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!!

 

金曜日のフリー走行ではトラブルでほぼアタックできず、土曜日の朝も全くグリップがなく苦戦していました。Q1も走り出しの雰囲気は悪くQ1落ちも覚悟していましたが、セットアップを変更して2セット目のタイヤを履いてからマシンの動きも、流れも何もかもがいきなりいい方向に行きました。

 

DPP07E00417132552 のコピー

そこからは落ち着いてポールポジションを獲るための「僕たちのレール」に乗ることができて思い切ってアタックしました。でも予選まで40秒すら切ることができなかったのに、最終的にQ3では37秒台。コックピットからの世界が驚くほどに違いました。笑
これで通算8回目、鈴鹿では6回目のポールポジションとなりました。

 

DPP07E00417133122 のコピー

しかし日曜日朝の走行は再び絶不調。最悪でした。

でも阿部さんが一生懸命セットを考え、メカさんもそれにしっかりと応えてくれました。
8分間のウォームアップで再び復活し、あとは僕がスタートさえ決めれば勝てると思っていました。

 

DPP07E00418163741 のコピー

スタートもうまく決めることができたし、ペースも戦略もすべてがうまくいきました。

トップになったり最下位になったり忙しい週末でしたが、終わってみれば最高の形で開幕戦を終えることができました。

ホンダとしてもこれまで苦戦が強いられ、特にGTでは開幕戦で言葉にできない悔しい思いをしました。
その悔しい思いは僕だけではなく、ホンダもチームもM-TECも同じでしたからそんな思いをバネにし力に変えることができたことが今回の勝利に結びついたように思います。

僕が勝ったのではなくて、みんなで勝ち取った勝利でした!

 

IMG_8376

最高のスタッフに恵まれレースができる環境にものすごく感謝しています。
もちろんこの写真以外にもさくら研究所をはじめとする現場のスタッフさん以外の力や
ウイダーの中島トレーナーの存在もこの勝利には必要不可欠でしたから、そんなみなさんにも感謝しています。

しかし今回は完勝できましたが、ライバルのトヨタは必ず巻き返してくるでしょうし、他のホンダ勢も僕になんか負けないという気持ちで次戦以降もくるでしょうから、僕たちは気持ちを緩めることなくライバルにキャッチアップされないようにもっともっとみんなで頑張っていかなくちゃいけません。

 

それでもこのチームとならまたやれると思います。
皆さん、勝たせてくれて本当にありがとうございました。

 

そして応援してくださったファンの皆さんも最後まで本当にありがとうございました!!

また次も応援宜しくお願いします!!

 

 

 

2016 年 4 月 25 日

今週末は

 

まずはじめに、この度の「平成28年 熊本地震」によって亡くなられた方々にお悔やみを申し上げますと共に、被災されました全ての皆様にお見舞いを申し上げます。

まだ余震が続く中で不安な日々を過ごされていらっしゃるかと思いますが、
1日も早くその不安な気持ちが和らぐ日が訪れることを切に願っております。

 

そんな中ではありますが、今週末鈴鹿サーキットにてスーパーフォーミュラが開幕します。
今年は金曜日からの走行が復活したので明日の夕方から公式セッションが始まります。

鈴鹿でのテストではあまりフィーリングがよくなかったものの、続く岡山テストでは手応えをつかむことができました。
その好調さを維持することができているのか?

 

suzuka_15th_0559 のコピー

明日から始まるセッションをしっかりとうまく組み立てていいレースがしたいです。

 

みなさん、応援宜しくお願いします!

 

2016 年 4 月 21 日

考えさせられたレース

 

ある程度予想はしていましたが、予想以上に苦しい週末でした。

 

土曜日にエンジンにトラブルが起きて予選後にエンジンを載せ換えることになりました。
機械を相手にしているスポーツですからトラブルは仕方のない部分ではあります。

決勝も苦しいレースになることは予選の結果から見れば明らかでしたが、
どんなことがあっても同じ道具を使っているホンダ勢の中では何が何でもトップに、それから一つでも前にという思いを持ってレースには臨みました。

そこに関して言えば結果的にはそれはクリアーして伊沢選手にバトンを繋げることができましたし、伊沢選手も僕とは違うタイヤを履いて戦略的に苦しい状況でしたがその中でも必死に踏み止まってくれてホンダ勢のトップでゴールし1ポイントを手にすることができました。

 

ただ・・・ライバルとまったく勝負ができなかった。レースできなかった。
負けてしまったレースはこれまでも何回も経験してきましたが、今回は今までのどのレースにもない気持ちと感情が込み上げてきました。悔しさとかそういうものではないものが。
完走すること、ポイントを取ることは大事なことですが、そのためにサーキットに来ている訳じゃない。
勝ち負けをしにサーキットに来ている訳ですから。

 

僕もいつも完璧ではないし、失敗することもあります。それは開発陣やスタッフも同じことです。
でもダメなものはダメとしっかりと認めて認識した上でそれから何ができるのかが大事なんじゃないかなと思います。

 

ルール上のこともあり次のレースでいきなり形成が逆転するようなことは正直難しいかもしれません。また同じようなレース、それ以上に悪い結果が待っているかもしれません。

でも今回の1戦で結果以上に動いたもの、動き出したものがあるように今は感じています。
その結果が形として出るまでには少し時間がかかるかもしれませんが、今回の岡山でのレースがいつか「あってよかった」と思える日が来ると信じて、これからも強い信念を持って僕はやっていきたいと思います。

 

一人が、誰かが頑張っていれば勝てるスポーツではないですから。
少しだけズレてしまっているパズルのピースを正しいものにするのは簡単なことではないですが苦しい時こそ真価が問われると思うので腐らずに諦めずに頑張ります。

チームと伊沢選手と、そしてホンダとともに。

生意気なこと言って申し訳ないし、言い訳じみてて見苦しいかもしれませんが、とにかく勝ちたい。

今は誰のせいとか誰が悪いとかそんな事はどうでも良くて、みんなで前進しなくちゃいけない時だと思っています。

応援してくださったファンの皆さん、本当にすみませんでした。
最後まで応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

気持ちを切り替えて次のレースに臨みます!!!

 

 

2016 年 4 月 11 日

GT最終戦もてぎ

 

GTもてぎ、惜しくもタイトルと優勝は逃してしまいましたが
僕たちが持っているものを出しきり、いいレースができたと思っています。

img_027 のコピー

予選もなんとか担当したQ1をクリアーして、Q2で伊沢選手が3番手のタイムをマークして
くれたこともこの結果に繋がりましたし、
決勝もタイヤのチョイスが難しく、特に伊沢選手のスティントではラインが1本しかなくて非常に辛かったと思うのですが本当によく耐えてくれたなと。

 

img_025 のコピー

僕は同じホンダの64号車を捉えることができなかったことが悔やまれます。

でも難しい路面状況の中でしっかりと伊沢選手にバトンを繋げることはできたかなと思っています。
正直なところ、事前のテストでもしドライタイヤでのレースになったらかなり厳しいな・・・
と感じていたし、この週末も一度もドライタイヤを履いていなかったのでドライタイヤを履く後半スティントはかなり心配していました。

その辺りも含め僕はあのレースを見て3位になれたこともすごいなと感じていたくらいなのに、
戻ってきた伊沢選手からは、「ごめん、絶対に勝とうと思っていたから。」て言葉が。

素直にうれしかったです。こういった気持ちを持っている選手と組ませてもらえてレースが
出来る。素晴らしい環境に感謝するとともに、早く伊沢選手と次のレースがしたいなと。

 

GT_okayama_0442 のコピー

岡山の2位表彰台から色々ありましたが、1年ってあっという間ですね。
この写真がついこの前なような気が。笑

今年はチームクニミツで伊沢選手と優勝も経験できたし、ガチンコとなる開幕戦と最終戦で
しっかりと表彰台も獲得できました。この二つはチーム力が高くなければ得られないものなので
素晴らしい結果だと思っています。

今年学び得たものを来年にしっかりと繋げられるようにしっかりとオフの間に準備して
開幕戦からいいレースが再びできるように頑張りたいと思います!

 

img_028 のコピー

後半戦、僕自身はSFも含め表彰台に続けて上がることができました。

簡単なことではありませんが常にこの光景が当たり前になれば、
勝てるチャンスは必ず巡ってくると思います。
もちろん待っているのではなく掴みに行かなければいけませんが。

早くも来年のレースが待ち遠しいです!

これからは走る仕事もありますが、イベントや表彰式の時期ですね。

近いところだと、ホンダ青山で23日にやる「サンクスフェアー」ですね。
あとはホンダレーシングサンクスデーもありますので、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

 

最後になりましたが、今年も一年間たくさんの応援をありがとうございました!!

そして、1年間共に戦ってくれたホンダとチームクニミツ、そして伊沢選手にも感謝の気持ちでいっぱいです。

2015 年 11 月 16 日

SF今季初優勝!

 

ようやく、ようやく勝つことができました!!

 

DPP07DF0B08130150 のコピー

 

応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

 

正直土曜日のフリー走行時にはポールを取れるほどの手応えがなくて。
かなり厳しかったですが、エンジニアの阿部さんがやってくれました。

 

DPP07DF0B07100416 のコピー

Race1こそポールは逃してしまいましたが、Race2のグリッドを決めるQ3では
自分自身でも渾身のアタックを決めることができポールを獲得!
それまでの流れを見ていれば誰も僕が取るとは思っていなかったでしょうからビックリですよね。
取った本人もビックリしたんですから。笑

 

 

DPP07DF0B080C0047 のコピー

Race1はセッティングが決まらず苦しかったです。
途中まではいいバトルができていたのですが、接触は残念でした。
その影響でホイールナットが緩み残り2周で駆動がなくなりリタイアに。

途中何度もコースアウトしそうになったのはこのせいだったみたいです。
開幕戦に続いて悪い流れが頭をよぎりました。

それにしても当たらなくて本当に良かったです。

 

 

DPP07DF0B08132256 のコピー

そしてRace2。
スタートが最大のポイントでしたからここは絶対に引くことはできなかったし譲れなかったです。
でも接触することなくフェアに戦ってくれた中嶋選手には感謝しています。

それからはマシンも展開も完璧でとにかく攻めて集中することに徹しました。
残り2周は「頼むからトラブルが出ませんように」と祈るばかりでしたが。苦笑

 

 

DPP07DF0B08140316 のコピー

長くタフなレースでしたが、トラブルもなくそして完璧な車に仕上げてくれた
無限のみんなとホンダの皆さんのおかげでようやく勝つことができました。

ウイダーの中島さんにも来てもらったし万全な状態でレースに臨めました。

とにかく勝ちたくて勝ちたくて。
想いと願いだけでは勝つことができないのは十分分かってはいるけれど、
とにかく最後のレースで全員がミスなくその想いをこうして形にすることができて本当に良かった。

 

 

DPP07DF0B08132F54 のコピー

今シーズンも苦しいレースが続きましたが、終盤に来て調子が上がり始め
最後にこうしてポールtoウィンを決めることができ本当に嬉しく思います。

来季はタイヤもYOKOHAMAにスイッチしますし、新たな図式が形成されるでしょうが、
タイトル獲得を目指し開幕から奪取できるように準備していきたいと思います。

 

山本尚貴を応援してくださったファンの皆さん、そしてホンダファン、無限ファンの皆さん、
最後まで応援していただき本当にありがとうございました!

SFは終わりましたが、GTもてぎが残っていますのでこちらも頑張ります!

 

最後に、石浦選手チャンピオン獲得おめでとうございます。
それからブリヂストンさん、長きに渡り我々の足元を支えて下さりありがとうございました。

DPP07DF0B07100035 のコピー

 

 

 

 

2015 年 11 月 9 日

苦戦のAP

 

img009 のコピー

事前のテストでも思うような手応えとスピードを得ることができず
苦戦を予想していましたが、予想以上に苦しい戦いを強いられてしまいました。

 

スタート直後からピックアップに悩まされペースを上げることができずズルズルと後退。

しかもピットイン直前に300と接触がありタイムをロス。
伊沢選手の懸命な走りも残念ながら今季3度目のノーポイント、11位となってしまいました。

 

 

1DX_0854 のコピー

タイトル獲得はかなり厳しくなりましたが、
辛うじてタイトル獲得の権利を持って最終戦のもてぎに臨めます。

そのためにも勝たなくてはいけないし、可能性がある限り絶対に諦めないです。

来季に繋げるためにもいい形で締めくくれるように
チームと伊沢選手と共に力を合わせて戦いたいと思います。

 

みなさん、応援宜しくお願いします!!!

 

 

2015 年 11 月 3 日

今季ベスト

 

img_031 のコピー

今季ベストレースとも言えるレース内容で2位表彰台をゲットしました。

チャンピオンを獲得した2013年の最終戦鈴鹿以来、
表彰台にすら上がっていなかったので、ようやくといった感じです。

 

 

img_032 のコピー

速さもあったしチャンスも十分にあったのに結果に結びつけることができなかった
自分自身の力の無さに歯痒さも感じていましたが、
今回こうして一つ結果を残すことができ正直ほんの少しだけ肩の荷がおりました。

 

 

 

img_033 のコピー

今回はチームも僕もミスなく戦えたことがこの結果に結びつきました。
昨年からそのミスがなければもっと結果を残すことはできていたと思うのですが
その時それしかできなかったのはその時の実力ですし現実です。

けれど、チームも僕もその時々の失敗から目を背けずにやってきたからこそ
時間はかかってしまったけれども、今回の結果を得ることができたんだと思います。

頑張っても報われないことだってあるんだから、
努力し続けることって本当に大変なことだと思います。

それでも頑張ってくれたチームのみんなには本当に感謝しています。

僕も素直に次はもっと頑張ろうと思えました。

 

 

img_037 のコピー

昨日は素直に嬉しかったけれど、帰宅してから映像を見たら今は悔しさしかないです。

いくら序盤にピットストップを行い、
タイヤ的にも燃費的にもキツイ状況だったとは言え、トップのアンドレに23秒もの差を付けれられてしまっている。
これまでのことを考えると2位は嬉しいけど、やっぱり悔しいし負けたくない。

今シーズンもあと鈴鹿の最終戦を残すのみ。
来季に繋げるためにも勝って終われるようチームとまた一丸となって戦いたいと思います。

今回もたくさんの応援、ありがとうございました!!

 

2015 年 10 月 19 日