ダイアリー

2017 年 4 月 2 日 のアーカイブ

シーズンイン

 

シーズンオフのテストが昨日までのSF富士テストで全て終了しました。

 

今年は2月上旬のセパンテストを皮切りに、2月下旬から毎週のようにGT、SFのテストがありました。

 

 

1

毎年恒例となっているチームクニミツの”シーズンオフ専用カラーリング”もこれでもう見納めです。

レイブリックのブルーもかっこいいけど、
このブラックベースのカラーリングでレースしてみたいと思っているのは僕だけではないはず。笑

今週末の岡山ではフルカラーリングされたマシンが登場します!
皆さんカラーリングもお楽しみに☆

 

 

GTのテストはというと今シーズンからメンテナンスがATJさんに変更となったため、
チームは変わっていないものの、なんだか移籍した感じがします。
チームの体制を作ることはエンジニアやメカニック、そしてドライバーの双方にとって
一からの積み重ねとなるので、今年は車を仕上げることと同時にお互いの仕事のやり方、
進め方も一緒に把握し積み上げていかなければいけませんでした。

その点今年も伊沢選手と組ませてもらえたことは心強く、
ここまで来ることができたと思っています。

 

いよいよ今週末、岡山でGTが開幕します。
ベストを尽くして頑張りますので応援宜しくお願いします。

 

 

それからSFですが、こちらも今シーズンは環境に大きな変化があります。

 

DPP07E103070B3247 のコピー

今シーズンもチーム無限からの参戦は変わりませんが、
2年ぶりに2台体制が復活し、迎えるチームメートも強力なドライバーがやってきました。

 

2台体制といってもただ単に2台がいればいいわけではなく、
2台のレベルを高くするエンジニアさんやメカニックさん、
そしてスタッフの皆さんがいなければそれらはうまく機能しません。

そういった意味では正直シーズン前は色々と不安もありましたが
みんながお互いに努力し合ってくれたおかげで、とてもいい形でテストを進めていくことができたかなと思っています。

1台では得られなかったデータが得られたことで16号車のパフォーマンスにも大きな影響がありました。

 

そして何と言ってもチームメイトとなったピエール ガスリー選手。

一緒にテストをするにあたって、彼からものすごく刺激を与えてもらいました。
彼がテストでマークしているタイムや結果を見ても、ものすごく才能のある選手なのは誰の目から見ても明らかで、
そんな選手がチームメイトとなった今、これまでにはないプレッシャーがあるのは正直なところです。

 

DPP07E103070C1310 のコピー

同じチームで直接比較をされる今、すごく厳しい環境下に自身がいるのは決して楽ではありませんが
彼はF1に行ける才能を持った選手だと思うので、
今年そんな彼と一緒にレースができチームメイトとなることができた・・・この環境を
僕がチャンスと捉えて自分の糧にしていきたいと強く思っています。

彼の他にも強力なライバルがたくさんいる今のスーパーフォーミュラですが、
その中で1番を取れるように頑張っていきたいです。

 

僕には信頼出来るエンジニアさんとメカニックさんのいるチーム、そして応援してくれるたくさんの人がついているので。

 

 

これから2つのカテゴリーが開幕します。

ファンの皆さんにとっても長いシーズンオフがようやく終わり
レースシーズンの到来となりますね!

 

今年も皆さんに応援してもらえるようなレースをしていきたいと思いますので
温かい応援を宜しくお願いします!!

 

 

2017 年 4 月 2 日