ダイアリー

2017 年 7 月 のアーカイブ

勝ちたかった

 

1DX_2002 のコピー

今回も速さを結果に結び付けることができませんでした。

 

オートポリス、SUGOと勝てそうで勝てない・・・そんなレースが続くと
さすがに現実を素直に受け入れることが難しいですね。

今回も予選まで伊沢選手とうまく組み立てることができフロントローを獲得し、
決勝も途中まで、スタート前に僕が思い描いていた通りの
展開に持ち込むことができていました。

とは言え、SUGOというサーキットの特性、それからコンディションを見ても
何事もなくレースを終えることはないだろうと容易に想像することもできました。

レースが終わると頭の中は、
「僕自身もっとうまく判断して戦えなかったのかな・・・」そればっかり。
チームもミスなく完璧にレースを進めてくれていましたし、誰が悪かった訳でもない。
あのSCの時は動くに動けなかったし、あの判断が最良だと僕もチームもそう判断しました。
でもステアリングを握っていた身としては、
「車の中でもう少し違った見方、考え方ができなかったのかな?」と自問自答してしまいます。

勝ちたかったです。

 

それからルールの話が話題に上がっていますが、
今回優勝したサードがズルをしたわけでもなく
現状のルールの中でしっかりと戦い正しい判断をして勝つべき車が勝った。
それに尽きると思います。

今回は言葉で言うと僕たちは「損」をしてしまった側でしたが、
僕らも過去SCで「得」をしたこともありましたから。

負けは負けです。

 

1DX21413 のコピー

レースというのはそう言った様々な要素をくぐり抜けた先に「勝ち」を掴むことができる、
ということを改めて教わった気がしました。

速くても勝てないというのは、僕にとってもチームにとっても、ホンダにとっても、
そしてファンの皆さんにとっても歯痒さがあると思いますが、
速さがなければレースに勝つことはできないと思うので、
この速さを大切にしながら、勝つための努力をチームのみんなと共に
これからもやっていきたいと思います。

今回もたくさんの応援をありがとうございました!

 

 

 

FullSizeRender

そんなレースの翌日でしたが、予定通りウイダートレーニングラボに行ってきました。
体も気持ちも重くて正直行きたくなかったのですが・・・

いつもであれば軽めのジョグと中島さんのケアというのがいつものルーティーンなんですが
「こんな時だからこそ流れを変えるために追い込みましょう」と。

いつもは優しい中島さんですが、
今日ばかりは心の中で「鬼っ!」って思いました。苦笑

 

でも、もう担当してもらってから5年も見てもらっていると
僕の性格も流れも気持ちも把握してくれているから、あえてそうしてくれたんですよね。

一人だったら正直折れていた月曜日でしたが、こうして支えて鼓舞してくれる人たちが
周りにいるからこそ頑張れます!!

苦しい時にどれだけ頑張ることができるかが本当に大切だと思うから。

辛かったけど最後は笑顔になれました。

 

早く勝ちたいし結果も欲しいけど、
敗戦から今回もたくさんのことを学び、教えてもらいました。

 

 

悔しいけどグッと堪えて、この気持ちをバネにして次に向かいます!!

 

2017 年 7 月 25 日

新たな歳

 

富士のSFは残念ながらリタイヤという結果に終わってしまいました。

 

1DX_0198 のコピー

金曜日の走り出しは順調な滑り出しとはいかなかったものの
セッション毎にレベルアップを感じていましたし、手応えも感じていました。

予選もラッキーな部分もありながらQ3に進出してトップとの差も縮めることができました。

決勝は路温、気温ともに高くてセッティングの面でも戦略的な面でも未知数な部分が多く
決勝直前に電気系のトラブルも発生してしまっていたのでいろいろと不安を抱えていました。

トラブルはチームが迅速に対応してくれたおかげで決勝には問題は出ませんでしたが。

 

トップは速かったですが、2番手以降の集団には着いていけていましたし、
タイヤのことを考えて少し前との距離も取っていたので序盤は僕の中では比較的順調に
ことを運べていたと思います。

しかし序盤からリアに振動を感じていて無線では伝えていたのですが
それ以外になんの予兆もなくペースも良かったのでそのまま走り続けていました。
それでもあまりにも振動が大きくなり始めたのでチームと早めにピット作業をしようかと
無線でやり取りをした直後の1コーナーでタイヤがバーストしてしまいました。

 

 

1DX22170 のコピー

レースの展開的にも表彰台の可能性が大いにあったレースだったと思うので
悔しいという言葉だけでは収まらないのですが、
レースにタラレバなんてないし、これがレース!
トップとの差は大きかったですが、この富士で手応えを感じて上位で戦えたことは
自信になったし、収穫も多かったです。

 

今回の暑さは人間だけでなく車にも負担になっていたのかもしれないですね。
次はトラブルが出ないようにチームとも対策をしてちゃんと結果を残せるように
また頑張ります!

現地で応援してくださった皆さんも暑い中ありがとうございました!

 

 

IMG_7577

でもやっぱり悔しい。
この気持ちをバネにして次に進まなくちゃですね。

レース翌日は、午前中にウイダーさんで中島さんのケアを受けて
午後は無限に。

バーストした場所が場所だっただけに本当にクラッシュせずに済んで良かったです。
クラッシュして車を直したとしても、この状態の車には2度と戻らないですからね。

車のことについても話ができたし、メカさんも次のレースに向けて
車をバラして準備してくれていました。

みんなのためにも、自分のためにももっと頑張ります!!

 

 

ということで、今日29歳になりました。

20代最後というのが信じられず、来年「自分が30歳!?」という驚きと
なっていいのだろうかという不思議な感覚が既にあるのですが、
最後の20代を存分に楽しみたいと思います。笑

富士でもたくさんのプレゼントをいただきました。
ありがとうございました!
家族と応援してくださっている皆さんに改めて感謝です。

29歳の山本尚貴も宜しくお願い致します。

 

 

2017 年 7 月 11 日

みなさんの意見

 

皆さんいろいろなご意見、ありがとうございました!

こうして聞いてみると皆さん様々なアイデアや欲しいグッズが
あるもんなんですね^^

助かりました。ありがとうございました。

 

残念ながらすべてのアイデアを反映することはできないのですが
この中から応援シートの特典グッズを選ばせてもらおうかと思っていますので
皆さん楽しみにしていて下さいね。

もてぎにまでなかなか足を運べない方々にも何か別の形で考えたいと思います。

 

さて、岡山のSFから早いものでひと月半が経ちましたね。
今シーズンのパッケージで鈴鹿、岡山と戦って様々な課題が見えてきました。

昨年はここで調子を維持することができず苦戦を強いられてしまったので
この富士でしっかりと戦い残りのレースに繋げられるようにベストを尽くしていきたいと思います。

まずは明日のフリー走行でマシンのバランスを確認して予選と決勝に備えたいと思います。

皆さん、今週末も応援宜しくお願いします。

 

 

最後になりましたが、九州地方を襲っている豪雨が心配ですね。
九州を襲ったあの地震から復旧が進んでいた最中で起こった今回の災害。

これ以上被害が拡大しないことを切に願っています。

 

 

2017 年 7 月 6 日