ダイアリー

2017 年 8 月 のアーカイブ

最後の鈴鹿1000km

 

身体の方はようやく元に戻ってきました。
レース後点滴を受けて一時は良くなったのですが
それから数日間身体の火照りと激しい頭痛があって少し辛かったです。
でも今はもう大丈夫です!

ご心配をおかけして皆さん、すみませんでした。

 

1DX_4241 のコピー

最後の1000km、結果は3位と優勝することはできませんでした。

僕の反省点は156周目のシケインで1号車をパスする際に
しっかりと止まりきることができなかったことです。
これで手の内を明かしてしまったことで同じ手が使いにくくなってしまいました。
平手選手のブロックも隙がなくてうまく攻略できませんでした。

もちろん他でもチャンスがあれば抜こうと思っていましたし、
通常とは違う走り方もして相手を惑わすこともしていたのですが
自分の得意なところ、平手選手の苦手なところを見極めるとシケインが一番のポイントでした。
それでも一瞬の隙をついて前に出られたものの結局1号車を抜くのに
10周近く時間をかけてしまい、
目の前を走っていた23号車を捉えることができませんでした。

特に最終スティントはトップとの差があったのは分かっていたけど、
本当に勝つつもりで全周プッシュしていたので優勝どころか3位で終わってしまったことが
申し訳なくて。

本当に1000kmで勝つことは難しいなということを、
最後の1000kmでも改めて思い知らされました。

 

何処かのチームがミスなく戦っていれば今回の勝者は変わっていたでしょう。
17号車がバーストしていなければ・・・
23号車がペナルティーを受けていなければ・・・
46号車がクラッシュしていなければ・・・
100号車が1号車をパスするのに時間をかけていなければ・・・

タラレバは各チーム、各ドライバーたくさんあるとは思いますが
その中で勝てる速さとミスなく戦い抜いたのが64号車だったんだと思います。
ホンダの2台に先に勝たれてしまったのは悔しくてたまらないけれど、
64号車はここまで苦しみながら努力し続けてきたからこそ今回勝つことができたんだと思います。

 

1DX_4659

悔しいけど、ホンダと孝亮さんバートが勝ってくれてよかった。
ただ、勝ってからというもの孝亮さんが「憎いくらいにうるさい」ので、
後輩として早く先輩を大人しく出来るように次はやっつけたいです。笑

孝亮さん、バートおめでとうございました!

 

 

それから表彰式の前室ではGTAのドクターとスタッフの皆さん、
ウイダーの中島さん、広崎さん、チームスタッフの皆さんが懸命に処置してくださって
表彰台に立たせてくれました。
そんな皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

気持ちと身体がまるで別人かのようで歯痒かったのですが、
ここまで一緒に伊沢選手と車を作ってきたし、たくさん助けてもらってきたので
最後の1000kmの表彰台をどうしても伊沢選手と登壇したくて。

1DX_4641 のコピー

展開的に我慢のレースになってしまって精神的にも辛いはずなのに
表彰台ではつっていた僕の指と腕をずっとケアしてくれました。
そんなパートナーは他には絶対にいないし、僕が速く走れるのも伊沢選手がいてくれているから。
ドライバーは必ずしも毎戦いい走りができるわけではないし、
その度に繰り返し、もがき苦しみながら這い上がっていかなければいけません。

僕はこれまで何回も伊沢選手に助けてもらいました。

必ず二人で再び勝てるように、チームクニミツとホンダに勝ち星を飾れるように
残り2大会、全力で戦います。

 

最後に、表彰台に上がった際の歓声と拍手、そしてフラッシュの数は
本当に感動しました。
これまでのどの表彰式にもない不思議な感覚になりました。
モータースポーツの素晴らしさ、レーシングドライバーになることができて本当に良かったと
心の底から改めて思えたレース、瞬間となりました。
ファンの皆さん、本当にありがとうございました。

大変だけどこれが最後の1000kmだったのかと思うとやはり寂しいですね。

 

さぁ、余韻に浸り過ぎず次のレースに戦う準備をします!
また皆さん応援宜しくお願いします。

 

2017 年 8 月 31 日

気持ちを切り替えて

 

SFもてぎ戦、今回もたくさんの応援をありがとうございました。

自信があっただけに落胆が大きく
望んでいた結果とはなりませんでした。

地元戦で気合いも入っていたし勝ちたかったですが、
全然ダメでした。

 

1DX20915 のコピー

残りの大会で巻き返せるようにまたオートポリスから頑張りたいと思います。

 

さて、気持ちは決して晴れてはいませんが、
気持ちを切り替えて明日からのGT鈴鹿1000km、ベストを尽くして戦いたいと思います。

 

それにしても、暑い。苦笑

 

 

 

2017 年 8 月 25 日

最後尾から

 

IMG_7910 のコピー

オートポリス、SUGOと好調だったセットで持ち込んだのですが
予選日はまさかの絶不調。

2基目の新エンジンで期待もしていたのですが、本当にまさかの状況でした。

 

IMG_7916 のコピー

それでも決勝にはスピードを取り戻し、
チームが頑張って対策してくれました!

最後尾から伊沢選手とチームと力を合わせて終わってみれば8位ポイント獲得!
終盤6号車との争いでしたが、なかなか前に出ることができなかったのですが
チェッカー間際になんとか前に出ることができました。

もちろん目指していた結果ではありませんでしたし
今シーズンNSXの一勝目を8号車に取られてしまったことは悔しさでしかないけれど
勝つための準備をしっかとやってきた結果だと思います。

次は自分たちの番となるようさらに準備をしっかりと行い
最後の鈴鹿1000km、勝ちにいきます。

 

2017 年 8 月 10 日