ダイアリー

2018 年 1 月 14 日 のアーカイブ

18年の体制は

 

金曜日のオートサロンにて今シーズンの体制がホンダブースにて発表されました。

今シーズンもSUPER FORMULAはTEAM MUGENから#16をドライブすることになりました。
チームメイトこそ変わるものの、エンジニアやチームの体制は昨年とほぼ変わらないので
昨年の反省を活かして今年こそはタイトル獲得を目指して開幕戦からシーズンを通して
速さを維持できるように上手く組み立てていきたいと思っています。

 

そしてSUPER GTはこれまでパートナーだった伊沢選手からジェンソン バトン選手と組むことになりました。

F1のワールドチャンピオンとタッグを組んで共にレースができることはとても光栄ですし
貴重なチャンスだと思っています。

ですがその一方で伊沢選手とペアを解消しなければいけなかったことについては残念でしたしすんなりとは決断できませんでした。

 

 

17-05-20_136 のコピー

伊沢選手には僕がデビューした年から6シーズンに渡ってコンビを組ませてもらいました。
各方面の方々から「鉄板コンビ」とまで言ってもらえるようにもなりました。

 

もちろん僕自身の信念や考え方はあるものの、GTの戦い方、車作りやチームを引っ張っていく姿勢は伊沢選手から教わったと言っても過言ではありません。
特にチームを引っ張っていく姿勢、それからタイヤの開発に関するコメントはすごく的確だし
感じたことをしっかりと言葉にすることのできる数少ない選手だと感じています。

 

そんな伊沢選手がパートナーとしていてくれたからこそ僕も速く走ることができていました。
また僕がうまく走れなかった時や結果が悪かった時でもフォローをしてくれて何度も助けてもらいました。

それでも6シーズンに渡ってペアリングしても1勝しかすることができなかった。

このスポーツはドライバーの力だけではなくハード面での要素も大きく結果に関わってくるので一概にペアの問題だけではないと思いますが、それでもそれぞれが別の選手と組むことによってまた新たな発見もあるでしょうし、もしかしたらお互い勝ち星を積み重ねていくことになるかもしれません。
でもこればっかりは組んでみないと分からないところです。

 

コンビは解消されてしまいましたが、NSX-GTを「速く・強く」することへの思いは同じですし、
今後は二手に分かれていい車作りをし、コース上でいいバトルができることを願っています。

ま、またいつの日かコンビ復活ということもあるかもしれませんしね。笑

伊沢さん、今後とも宜しくお願いします!

 

 

IMG_0556

それから今シーズンからパートナーとなるJBさん!
マレーシアでのテストしかまだ一緒に仕事をしていないのですが、
とても気さくな方だしマシンのフィーリングもほぼ変わらないのでどんなシーズンを送れるのか楽しみです!
1番心配していたドライビングのポジションもコックピット内から調整できるペダルのアジャストだけで済んだのでラッキーでした!
JBも安心していました。笑

さぁ!JBと組めることで得られるものを存分に吸収できる柔軟さを忘れずに、2人で力を合わせて戦っていきたいと思います。

いつも応援してくださっているファンの皆さん、JBのファンの皆さん、
そしてこれから応援していただけるファンの皆さん、今年1年SF、GTの応援を宜しくお願いします!

 

 

2018 年 1 月 14 日