ダイアリー

今シーズン最後のレース

 

今シーズン最後のレース、GT最終戦もてぎ大会が終わりました。


002-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

勝つことだけを目指してサーキットに入ったものの結果、
それには程遠いものとなってしまいました。
ベストを尽くして出来うる限りの事をしましたが、
ライバルに全く歯が立ちませんでした。

特に土曜日はピックアップがひどく難しいレースでした。
その中でも関口選手との争いはお互いクリーンにバトルが出来たと思うし、
熱くなりましたね。走行中は「カチン」と来るところもありましたが。笑
絶対に前には出したくなかったし、意地でした。

 

015-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

前を追いかけるレースが出来なかったのは残念でしたが、
GTレースの面白さを改めて感じた瞬間でした。

 

日曜日もセットアップを大きく変えてレースに臨みましたが、
結果は大きく変わりませんでした。

それでも後半を担当した時のペースは悪くなかったので、
それは気持ち的にすっきりしています。
前半の伊沢選手とは違う種類のタイヤをチョイスしたので
セッティングとタイヤとの相性がマッチしたのかなと思います。

 

001-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

過去ワーストの成績でシーズンを終える事になり
今はただ悔しさと無念さでいっぱいです。

2年間戦ったこのマシンともこれでお別れ。
童夢時代と合わせてNSX CONCEPT GTとで戦った3年間、
様々な経験と思い出を僕に与えてくれました。
3年間で2勝と勝ち星は少なかったですが、
そのNSX CONCEPT GTの2つの勝利を共にできた事は
最高の思い出です。

それぞれのチームとタイヤメーカーの皆さんにも改めて感謝しています。

 

最後に有終の美を飾らせてあげられなくてごめんね。

 

このNSX CONCEPT GTの経験を糧に、
次からの相棒である「NSX-GT」と新たな思い出を作っていきたいと思います。

 

ファンの皆さん、今年も1年間ご声援をいただきありがとうございました。
これからのオフシーズンを頑張って、また来年いい戦いをお見せできるよう精進します!!

 

皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

2016 年 11 月 14 日

SF 最終戦

 

スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿が終わって帰宅しました。

まず、レース2でのクラッシュでリタイアとなってしまいましたが、
体の方は全く問題ありません。
ご心配をおかけした皆さん、すみませんでした。

クラッシュは単独で、完全に自分のミスです。

 

週末を通して良いところなく終わってしまい、
期待してくださったファンの皆さんには本当に申し訳ない気持ちしかありません。
また、チームの皆さんに対しても最後車も壊してしまい、結果も残すことができず
ただただ反省の念しかありません。
得意の鈴鹿だからこそ僕も自信をもって鈴鹿に入ったのに
結果思うように走ることができませんでした。
いつものレース以上に『なぜ?』と疑問が残ることばかりで、
あっという間に時間が過ぎ去ってしまった感じです。

 

レースはいつも良い時ばかりではないのは重々承知していますが、
特に今年は悪い時に立て直す力、そこから這い上がる力がなく終わってしまったことにも
情けなく、自分自身にショックを受けました。
でもそれが今の実力だし、それをしっかりと受け止めなければ
それこそこの先はないなと思っています。

レースの内容が内容だっただけに明るくダイアリーを書くことはできないし、
偽りの気持ちをここに書き記しても逆に前向きにはなれないので・・・すみません。

 

それでもまだ今年が終わったわけではなく、
僕にはGTの最終戦が残っているのでここでくよくよなんかしていられませんね。

開幕戦での勝利以降、なかなかいいレースが出来なかったですが
それでも毎戦応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
レース後も励ましのコメントや、「来年も頑張ってくださいね」の言葉を
たくさんの方にかけてもらいとても心が救われました。

 

 

dpp07e00a1e0b2811-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

自分が自分らしくいられるよう、もっと強くなってまた戻ってきたいと思いますので
これからも変わらぬ応援を宜しくお願いします!!

皆さん、応援ありがとうございました!

 

最後に、国本選手チャンピオンおめでとう!

2016 年 10 月 31 日

NSX-GT シェイクダウン

 

img_2271

昨日オートポリスで来季用のS-GTマシン「NSX-GT」のシェイクダウンテストをしてきました。
新型車のシェイクダウン、しかも走り出しという大役を務めさせてもらいました。

ほぼノートラブルでシェイクダウンを済ませ、
天候にも恵まれて順調にテストメニューを消化することができたかなと思います。

当然今シーズンの開発も進めていく中で、
来季用のマシンの開発にも力を注がなければいけないのは
開発陣の皆さんやメカニックの皆さんにとって
非常に大変なことだったとは思いますが、
こうして無事に走り出し、
初日を終えることができたのでドライバーとしてもまずはホッとしました。

そんなみなさんに感謝です。

 

 

img_2307

カーボン地のマシンって、やっぱりかっこいいですよね!?
このカーボン地で走ることも、シェイクダウンテストをすることも
ドライバー人生の中でいうと本当に極僅かなことだと思うので
また一つ貴重な経験をさせてもらいました。

いつものチームスタッフとは違い、
たくさんのホンダの開発メンバーと仕事をするこの雰囲気・・・
説明が難しいですが、なんか好きです。笑

そんなホンダの皆さんとホンダドライバーとで力を合わせ
この車が来年の開幕戦で勝利しタイトルが獲れるよう頑張っていきたいと思います。

 

オートポリスも久々に走行することができてなんだか嬉しかったです。
ここまで復旧することだけでも大変だったと思います。
そんなみなさんにも改めて感謝しています。

早く来年ここでレースがしたいです!

 

2016 年 10 月 25 日

GT Rd7 タイ

 

無事に帰国しました。

 

023-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦にトラブルでエンジン交換を早々にせざるを得ず、
そのしわ寄せがどこかで来るのはわかっていたのですが、
それが今回のタイラウンドになってしまいました。

年間3基のエンジンで戦わなければいけないルールなのですが、
今回僕たちは4基目のエンジンを使用した為にペナルティーを受けました。

戦う前からペナルティーを受けてレースに臨まなければいけないことは
正直ドライバーもチームも辛いことではありましたが、
現実を受け入れ現状でのベストを尽くすことに徹しました。

 

 

009-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

結果は周りのトラブルやアクシデントにも助けられましたが、
1ポイント獲得の10位でフィニッシュすることができました。

日曜日の朝までは苦戦してしまいましたが、
決勝は今シーズン1番と言っていいほどマシンのバランスが良く
僕も伊沢選手も全ラップ攻め切ることができたと思います。

特にファステストラップを記録することができたことは
僕にとってもすごく自信になりましたし、
マシンの調子の良さを形にすることができたかなとも思っています。

戦略的にも今回僕がセカンドスティントを担当するなど
これまでとは違った戦略をとるなどして
これからの僕たちの可能性を広げることのできる経験もできたように思えます。

 

残すは最終戦のもてぎの2レースのみとなりました。
とにかく勝って終わりたい。それが出来るよう頑張ります!

今回も応援ありがとうございました!!

 

2016 年 10 月 11 日

SF SUGO

 

チームのみんながしっかりと準備してくれて、
チームのみんなとしっかりと準備してきたつもりでしたが、うまくいきませんでした。

いや、うまく僕が組み立てられなかったです。

 

 

 

003-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

レースはいい時ばかりではなく、悪いこともあります。
むしろ悪い時の方が多いわけで、そんな悪い時にどれだけ頑張れるか、
どれだけ耐えられるか。

今、正直うまくいっていないしそんな時だからこそ
僕がその流れを断ち切り、変えなければいけないのにそれがSUGOで出来なかったです。

 

 

002-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦の鈴鹿での勝利が遠い昔のようで、
あの時のスピードを他のサーキットで見せることができない自分に苛立ちを覚えます。

言葉で何を書こうが言おうがこの世界は結果が一番。
SFは残すところ最終戦の鈴鹿のみとなりました。
鈴鹿で再び巻き返すことができるよう、一生懸命頑張ります。

 

 

 

017-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

結果が残せていない今、笑顔でいることすら抵抗がありますが、
そんな僕でも応援してくれている皆さんには改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

反省するところはしっかりと反省して、鈴鹿では笑顔で終われるように
気持ちを入れ替えて残りのレースを頑張ります!!!

下を向いている時間なんてないですもんね!

 

応援してくれている皆さん、いつもありがとうございます!!

 

2016 年 9 月 28 日

SUPER FORMULA Rd5

 

SF岡山ラウンド、レース1は10位、レース2は6位でした。

 

008-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕前の岡山テストで好調だったセット、これまでのレースで得たデータ、
あらゆるデータを駆使してエンジニアとセットを考えやってきたのですが
うまくいきませんでした。

 

 

017-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

開幕戦までのスピードが得られず苦戦していますが
原因は必ずあるはずだし立ち止まらないことが大切だと思っています。

 

 

001-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

正直苦しい状況ではありますが
ここが踏ん張りどころだと思うので
諦めず腐らずに残りのレースを戦っていきたいと思います。

岡山も応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
早く期待に応えられるよう頑張ります。

 

2016 年 9 月 13 日

熊本イベント

 

昨日、一昨日とSUPER FORMULAのイベントで熊本県にお邪魔してきました。

金曜日には熊本地震の影響を大きく受けた益城町を視察してきましたが、
報道では知ることのできなかったリアルな状況と現状を目の当たりにしてきました。

それから熊本県庁に向かい、蒲島熊本県知事を表敬訪問させていただきました。

土曜日はイオンモール熊本内で震災復興イベントと題して
「スマイル・キッズin熊本」のイベントに参加してきました。

 

九州で唯一の開催となるオートポリスでのレースが今シーズンは開催出来ないということで
非常に残念だったのですが、こうして九州の地に足を運ばせてもらって
現地の皆さんとお会いすることができたのは嬉しかったですね。

 

FullSizeRender

石浦選手とSFナビゲーターの春那さんと共に、楽しい2日間を過ごすことができました。

今週末、オートポリスの代替えレースとして岡山で行われるレースは
これまでのレースフォーマットとは違うので、
ドライバーと車の調子だけではなく、2日間をしっかりと組み立て、
マネージメントする力が勝つためには一番カギになってくると思います。

 

それぞれのドライバーが意地とプライドをぶつけ合い戦っている姿を
ぜひ応援して欲しいです。

お世話になりました関係者の皆様方、
そしてイベントに来てくれたファンの皆さんありがとうございました。

みなさんの応援を背に、岡山大会頑張ってきます!

 

2016 年 9 月 5 日

鈴鹿1000kmとその翌日

 

遅くなりましたが、鈴鹿1000kmは7位でチェッカーを受けました。

 

DPP07E0081C172512 のコピー

予選から通して車のポテンシャルは高かったものの、
少し歯車が噛み合わなかったところと、その良さを引き出すことのできなかった
要因が少しずつあったように感じます。

 

 

DPP07E0081C171114 のコピー

ホンダ勢のトップでありながらそれが7位という結果は残念です。
八郷社長も来られていたので良いところをお見せ出来なかったことも残念ですし悔しいです。

八郷社長始め、このプロジェクトに携わっているみんなが
勝つために前進しているところなので僕も努力を惜しまずやっていきたいです。

苦しいレースの中にも得られたものがありましたから、
それを次戦以降につなげられるようまた頑張っていきたいと思います。

 

 

 

IMG_0371

そんな鈴鹿でのレースの翌日に同じく鈴鹿サーキットで
日本国内のジャーナリストの方々向けのNSX試乗会があり
僕もゲストとして参加させてもらいました。

 

 

IMG_0367

3月のファン感以来でしたが、1日たっぷり新型NSXをドライブさせてもらいました。

やっぱり良いですね〜^^

 

 

 

 

IMG_0381

新型NSXの開発責任者であるテッドさんとも初めてお会いすることができました。
日本語が流暢でビックリしました。笑

それから1日イベントで一緒だった道上さんと3人で最後に写真を。

道上さんは今週末、もてぎでWTCCのレースですね!!
久々のレース、それも世界選手権ということ大舞台で
いろいろなプレッシャーもあるでしょうし、
監督業の傍でトレーニングや自分のチームのこと、自分のレースのこと・・・
考えなければいけないことが山ほどあったと思いますし、
イベント中もこちらが心配するくらいのハードスケジュールでした。

そんな状況の中ではありますが、まずは怪我のないように。
それだけを願っています。

道上さん!応援してます☆

 

2016 年 8 月 31 日

堪えたレース

 

地元ツインリンクもてぎでのレースということでたくさんの方が応援しに来てくれました。

その中で予選はQ3にコマを進められたものの、8番手と失速してしまいました。

 

DPP07E00815131D12 のコピー

このもてぎはとにかく抜きにくいのでスタートにかけていました。
事前の準備やエンジニアさんにも細かな調整と確認を
ギリギリまでしてもらったおかげでこれまでのレース人生で
一番の蹴り出しを見せることができたのですが、
前のマシンを交わそうとステアリングを切った際に
ピットレーンリミッターのボタンに誤って触れてしまい失速してしまいました。

 

 

DPP07E00815123B46 のコピー

すぐに気が付いて解除したのですがせっかくのスタートも台無しとなり、
またここでそのミスを取り返そうと1コーナーに飛び込んで行ったところ
前車との距離が近過ぎてダウンフォースが抜けてしまいコントロールを失ってしまいました。
これでコースオフしてしまいポジションを最後尾にまで落とす結果となってしまいました。

それからはチームからも「諦めないでポイント取るよ」と
無線でゲキを飛ばしてもらいながらとにかく必死に前のマシンを追いかけ
順位を上げることに徹しました。

なかなか追い抜きの厳しいコースだけに戦略で上がるしかないなと思っていましたが
今回も本当にチームに助けてもらいました。
ピットでのミスが目立つ中、無限のクルーは完璧に作業を行ってくれ
レースが落ち着いたタイミングではポイント圏内の8位まで
ポジションを上げることができていました。

 

 

DPP07E00815123447 のコピー

後半は小林選手と1ポイントをかけてポジションを争うレース展開となりましたが、
しっかりと要所要所を押さえてなんとかポイントを獲得することができました。

序盤のミスがなければ・・・と言ったところはあるのですが、それがレースですね。
苦しいレース展開でしたが、その中でもなんとか堪えて戦い抜くことができたレースでした。

ランキングは5位と下げてしまいましたが、トップとは3点差なのでまだ横並びの状態です。
残りのレースはチームも僕も得意なサーキットなので残り3大会で上位に食い込めるよう
さらに頑張っていきたいと思います。

レース後軽い脱水症状になってしまいなかなか動くことができなかったのですが、
今はだいぶ落ち着きました。
ご心配をおかけしてしまい申し訳ないです。

暑い中でしたが、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。

 

 

そして、最後になりましたが先日の結婚発表後たくさんの反響をいただきました。
ダイアリーを始め、公式facebookページにたくさんのコメントや「いいね!」を
してくださった皆様、本当にありがとうございました。

もてぎでもファンの皆さんを始め関係者の皆さんにも祝福のコメントをいただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
その他にもプレゼントやお手紙、横断幕まで。すごく嬉しかったです。

 

 

 

yamamoto_001 のコピー

まだまだタイトル争いに加わっていますし、絶対に諦めません。
皆さんの声援が後押しとなるのでこれからも応援宜しくお願いします!!!

 

 

2016 年 8 月 22 日

皆様へご報告

 

今朝スポーツ報知さんの報道にありました通り、
私、山本尚貴はテレビ東京アナウンサーの狩野恵里さんと
8月11日に入籍致しましたことを、ここにご報告させていただきます。

日頃より山本尚貴を応援してくださっているファンの皆様、
そして狩野恵里さんのファンの皆様にはこうした形でのご報告となってしまったこと、
合わせてご報告が遅くなってしまったことをお許し下さい。

 

彼女とは私が参戦しているSUPER GTの現場で出会い、
およそ2年間の交際期間を経てこの度結婚する運びとなりました。
その間彼女の、何事にも真面目に一生懸命取り組む姿と、
裏表のない前向きさに刺激を受け、日々を過ごしていく中で
次第に結婚に対する気持ちが大きくなっていきました。

常に「結果」がついてまわるモータースポーツの世界ですが、
どんな結果であっても変わらずに接し支え続けてくれた彼女と、
これからの人生を共に歩んでいきたいと思いプロポーズをさせていただきました。

また、彼女のご両親を始めとするご家族の皆さんや、
彼女の成長を見守り続けてこられた方々の優しさや愛情にも触れ、
それを知ることができたことも結婚を決意した決め手になりました。

 

そんな彼女が私を人生のパートナーとして選んでくれたことに感謝しています。

 

今後もドライバーとして速く走ることへの貪欲さを持ち続け、
これまで以上に精進していく所存ですので、
温かく見守っていただき応援して頂けたら幸いです。

 

まだまだ未熟な二人ですが共に支え合い、
互いの家族のような笑顔の絶えない愛情溢れる家庭を
私たちも築けるよう努力して参ります。

皆様、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

 

平成28年8月17日
山本 尚貴

 

2016 年 8 月 17 日