ニュース

2017年1月13日

『2017年のSUPER GT参戦体制を発表、昨年同様チームクニミツからチャンピオン獲得を狙う』

1月13日、東京オートサロンが行われている幕張メッセでHondaの2017年SUPER GT参戦体制が発表されました。山本尚貴は昨年に引き続き、チームクニミツ「RAYBRIG NSX-GT」よりGT500クラスに伊沢拓也選手とともに参戦します。

今年も高橋国光総監督のもと、ドライバーラインナップは変わりませんが、マシンメンテナンスがM-TEC(無限)からATJ(AUTO TECHNIC JAPAN)に変更になりました。スタッフも含めて、チーム作り、マシン作りという点では一からスタートで、新しいチャレンジになります。また今年は新型NSXをベースにした「NSX-GT」での参戦となり、タイヤはブリヂストンです。

ここ3年間はNSX CONCEPT-GTで苦戦を強いられ、昨年はシーズン0勝という結果に終わってしまいました。今季はマシンの変更とATJとのタッグに加え、HRD Sakuraとの協力しながら、開幕戦から優勝争いに加われるように全力で準備を進めていきます。

なおスーパーフォーミュラなど、他のカテゴリーの体制については後日発表させていただきます。

今シーズンも、たくさんのご声援をよろしくお願いします。

山本尚貴コメント

「今年も伊沢選手とともにチームクニミツよりSUPER GTに参戦します。ただメンテナンスがM-TECからATJに変更となるため、これまでとは違った新しいチャレンジになります。お互いに一からのスタートとなり、開幕まで時間がない中でやらなければいけないこともたくさんありますが、新しい刺激も沢山得られると思うので楽しみです。またチームと伊沢選手とは6シーズン目になるので、そこの強みをしっかりと活かして行きたいと思います。もちろんタイトル獲得を目標にしていくので、1戦1戦を大事に戦っていきたいと思います。今シーズンもたくさんの応援をよろしくお願いします!」