ニュース

2017年5月31日

『2017スーパーフォーミュラ第2戦レースレポート:2レースとも粘り強い走りを見せ、連続でポイント獲得』

2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦が岡山国際サーキットで5月27・28日に開催され、山本尚貴(TEAM無限)は2レースともポイント獲得する活躍をみせた。

今回は2レース制が採用され、土・日曜日にそれぞれ予選と決勝を行う方式。まずは、27日(土)にはRace1の予選と決勝を1日で行われた。

20分間で争われたRace1の公式予選。前日に行われた専有走行では4番手タイムを記録していたが、トップを狙えるだけのパフォーマンスを発揮できず、9番手に終わった。そのまま午後に行われた決勝レース1は、30周で途中ピットストップがないスプリント。山本は混乱する1コーナーでうまくスペースを見つけ、一気に5番手までポジションアップ。さらに前のマシンに食らいついていったが、オーバーテイクには至らずレースが進んでいった。

後半になって後続のライバルの方が追い上げてくるシーンもあったが、最後まで冷静にドライブしポジションをキープ。5位でチェッカーを受け、開幕戦に続いてポイント獲得に成功した。

ホンダ勢では最上位を獲得するものの、目標としていた優勝や表彰台には手が届かず満足とは言えないレースだった。マシンを降りた山本は、真っ先に阿部エンジニアのもとに行き、レース2でのさらなるレベルアップに向け、ミーティングを行っていた。

続く28日(日)も、Race2の予選を午前中に実施。2ラウンドのノックアウト方式で、20分間で争われたQ1ではQ2進出圏内となるトップ10を目指し山本はピットを後にする。しかし、タイムアタックに入ろうというところでコースオフ車両が発生し、赤旗中断。セッション再開後の残り2分30秒でタイムを出さなければいけなかった。

Q2へ進むべく、各コーナーを限界ギリギリまで攻めタイムを詰めてきたが、マイクナイトコーナーを抜けたところでバランスを崩しスピン。幸いガードレールへのクラッシュは免れたが、失速してしまいタイム更新はできず。まさかの19番手で予選を終えてしまった。

追い抜きが難しい岡山国際サーキットで最後尾からスタートとなってしまうが、気持ちを切り替えグリッドへ。午後の決勝では見事な追い上げを披露する。好スタートを決めると、前方の混乱もうまくすり抜け、大きくポジションアップ。さらに1周目でピットインするマシンも多く、8番手でオープニングラップを終える。

約半数のマシンが序盤で義務となっているタイヤ交換をすませるが、逆に山本はできるだけ引っ張って後半にタイヤ交換をする作戦。中盤は一時4番手まで浮上し、上位陣と遜色ないペースで周回。31周目にピットインした。

これで9番手まで下がるが、終盤に前方を走る1台がコースオフを喫し8番手に浮上。途中にセーフティカー導入もあり、終盤は前後が接近したレースとなったが、最後までポジションを守りきりチェッカーフラッグ。8位に入り0.5ポイントを手にした。

もちろん、8位という結果は決して満足できるものではないが、最後尾から11台を抜いてフィニッシュできたとあって、レース後は安堵の表情を見せていた。

山本尚貴コメント

「Race1では、スタートはうまく切れたと思いますし、位置どりも良かったので、うまく順位を上げられました。後半は少し厳しくなって、後ろのマシンに迫られましたが、ポイントさえ押さえれば抜かれることはないと思っていました」

「5位という結果は満足ではないですが、少なくとも今回もポイントが獲得できたのは良かったと思います」

「Race2ではレースは、予選のことを考えるとベストを尽くせたと思います。スタートもうまく決まったし、目の前で起きた混乱もうまくすり抜けられました」

「前のクルマの動きを見て、自分の動きを決めようと思っていましたが、他の人たちが早めに入ったので、コース上に留まることを選択しました」

「レース1もそうでしたが、燃料が軽くなってきてからの方がラップタイムが上がるのが分かっていたので、みんなとは真逆に引っ張っる作戦にしました。結果的にそれが大正解でしたね。ペースも良かったですし、クルマの調子も良かったです」

最後尾からのポイント獲得はかなり大きなものでした。まだ2戦を終えたばかりなので、ここから立て直して、次のレースに臨みたいです」