ニュース

2018年1月12日

『2018シーズンの参戦体制を発表!』

 1月12日、東京オートサロン2018が行われている幕張メッセで、Hondaの2018年SUPER GT、スーパーフォーミュラの体制が発表され、山本尚貴は今年も両カテゴリーに参戦します。

 SUPER GTは昨年同様にGT500クラスのTEAM KUNIMITSUからの参戦。高橋国光総監督のもと、マシンメンテナンスはATJ(AUTO TECHNIC JAPAN)が担当、タイヤはブリヂストンを使用します。ただパートナーは変更となり、2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトン選手が新たに加入することになりました。

 昨年は第3戦オートポリスで山本自身(公式戦では)初のポールポジションを獲得。シーズン中に2度の表彰台を獲得しましたが、優勝を飾ることができず悔しいシーズンとなりました。今年は新たなパートナーとともにシリーズタイトル獲得を目指します。

 スーパーフォーミュラも、引き続きTEAM MUGENから参戦。2台体制が継続され、チームメイトには福住仁嶺選手が新たに加入します。こちらも昨年は開幕戦で2位表彰台を獲得しましたが、その後はなかなか上位に食い込めず不本意なシーズンとなりました。2013年以来、2度目のシリーズタイトルを獲得するべく、開幕戦から優勝を目指していきます。

 今シーズンも、たくさんのご声援を宜しくお願いします。

山本尚貴コメント

「SUPER GTは、パートナーが今年変わるというのが、大きな出来事です。経験も実績は、誰もが認める選手なので、彼から学べるところもたくさんあると思います。そこに、これまで培ってきた自分の経験を生かしつつ、柔軟に吸収していけるようにしたいです。2人で協力してタイトルを獲得できるように、まずはオフのテストからしっかりやっていきたいです」

「スーパーフォーミュラもチームメイトは変わるものの、昨年とはほぼ変わらない体制で臨めるので、しっかりと全てのレースでレベルの高い走りを維持していきたいです。こちらも今年こそは2度目のタイトルを獲得できるように頑張りたいなと思います」

「昨年は1勝も挙げられなれなかったので、まず今年は早いうちに両カテゴリーで勝利を手にしたいです。そして目標はダブルタイトルを獲得すること。それを叶えるためには、みなさんの応援が必要不可欠ですので、今年もたくさんの応援を宜しくお願いします!」